言い聞かせていること

前回の投稿から約2週間空いてしまいました・・・

YouTubeに気を取られて・・・とは言い訳ですね。すみません。

いよいよ12月になりました。師も走る師走です。消防に勤めていた時は毎年4月と12月は多忙だと心構えをしていましたが、転職してからはどうなることでしょうか?

なにはともあれ、この調子でいくと三河遊は開店から半年は続けることができそうです。

記憶にある限り三河遊がオープンする以前に言われてきたのが「3カ月ももたずに三河遊は潰れる」「半年で三河遊は潰れる」「三河遊はもって1年」でしたので、既に3カ月はクリアしています。次は半年に向けてと営業し続けてきたつもりです。

 

さて、これまで三河遊は通算14回の満員御礼を記録しています。本当にこれまでご来店いただいたお客様には感謝の思いしかありません。ありがとうございます!

しかしその一方で・・・

ご来店者数が0人という日もありました。「開店からまだ半年も経っていないんだし」という意見もありますが、さすがに「今日は誰も来なかったか~」と思ってしまいます。

ただ、それで焦るとか慌てるということはありません。それはある言葉が私の心の支えになっているからです。

その言葉とは「焦ったところで何か変わるの?」です。

「あ~どうしよう!もう終わりだ!やっぱり無理だったんだ。この世の終わりだ・・・」等々思ったところで業績が良くなっていくのでしたら私はどこまでも焦って慌てふためきます。

そんなことを考えている時間があるのでしたらSNS等で情報を発信する、動画を作成する、ボードゲームや占いの勉強をする、店内の掃除をする・・・等々お客様がいらっしゃらない時こそできることは山ほどあります。

私も経営者の新参者ですので偉そうなことを言う資格は全くありませんが、お客様がいらっしゃる時よりも、お客様がいらっしゃらない時に何をしているか?によってその後のお店の未来は大きく変わると私は考えています。これは私のような個人経営者に限ったことではないと思います。会社にしてもお客様がいないときや仕事がない時に何をしているかでその後が変わるのではないでしょうか?

話しは脱線しますが、私が三河遊を開店する以前「ボードゲームと占いのお店を出来たらいいな~」程度にしか思っていなかった頃から本を読むようになりました。もともと全く本を読んでいなかったわけではありませんが、片手間程度の読書でした。それから「出来たらいいな~」となってから「もしかしたら本の内容を活用する日が来るかも」というくらいの思いでの読書になりました。

それが現在は常に勉強です。ただ、出来ることでしたら毎日読書をするように心がけていますが、疲れたり用事があったりして読書できない日もあります。そんな時はYouTubeのビジネス系動画で勉強をしています。個人的には本を読むことも勉強になりますが、動画で勉強する方が頭に入るように思います。パソコンやスマホで動画を流しながら作業をするいわゆる「ながら勉強」でも結構頭に入るものです。あとは本や動画で勉強した内容を行動に移してきました。当然失敗したこともありましたが、成功したこともあります。

三河遊の場合はフードやドリンクを提供することよりもボードゲームで遊んでいただくことと占い鑑定に重きをおいているお店です。占い鑑定の際、珍しい手相や人相があった時、ボードゲームにしてもしばらく遊ばれていなかったボードゲームのルール説明をしてほしいとお客様から言われた時に「分からないです・・・」とは言いたくないです。お客様からお金をいただく以上、分からないということは許されることではないですし、私自身も情けないです。

そんな恥をかかないためにも、お客様がいらっしゃらない時にこそ「焦ったところで何か変わるの?それなら今自分が出来ることをやるべきなんじゃない?」と言い聞かせています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中