三河遊オープンからちょうど1カ月

北海道滝川市「三河遊」が2019年8月16日でちょうど1カ月を迎えました。

やっとなのかあっという間なのか分かりませんが、無事に1カ月営業し続けることが出来ました。これまでご来店いただいた皆様、応援していただいている皆様、本当にありがとうございます!

2カ月目も頑張ります。皆様よろしくお願いいたします。

まだ早いかもしれませんが、思い返すとオープン前から今日までは目まぐるしく時間が過ぎていきました。

過去の投稿を見ていただければ分かりますが、開店前の私は結構あれこれ考えていました。というよりは考えすぎていました。

応援してくれている人がいることを忘れない

三河遊の開店日が迫っています

三河遊オープンまであと2日

いよいよ今日は三河遊の開店日です

見返してみると、かなり不安を抱えて開店準備をして開店日を迎えたのだなと思います。当然と言えば当然なのかもしれません。接客業の経験がない。占いはかつて北海道滝川市にもありましたが、ボードゲームで遊ぶお店自体は北海道滝川市で(おそらく)初めてで前例がない。

私が鉄の心臓で「絶対うまくいくから大丈夫だ!」と楽観的というかビッグマウスが言えればまだいいのですが、そうはなりませんでした。情けない話です・・・

それでも三河遊をやろうと思ったのはボードゲームと占いを北海道滝川市でやることに十分な可能性を感じたからです。過去の投稿にも書いてありますが「北海道滝川市では何をやってもダメ。札幌市でないと成功できない。」と開店前に数名の方から言われたことがあります。確かに札幌市は人口はけた外れに多いです。多くの方にお越しいただける可能性は高いかもしれません。しかし、それでも北海道滝川市を選んだのは地元であることも理由の一つですが、札幌市のように「ある程度開拓されていて種をまけばいい場所で開店する」よりも「ボードゲーム未開の地を新規に開拓する」方がいいと思ったからです(表現に語弊があったら申し訳ありません・・・)。既にコアなボードゲーム好きな方がいる場所で営業するよりも、全くと言っていいほどボードゲームが認知されていない地元にボードゲームが広まっていくことの方が良いと思いました。そして、占いも地元や地域の方、ひいては全国に「占い鑑定をしてほしい」という方はいると思っていたからです。

もちろん、最初から地元に歓迎されるとは思っていませんでした。「ボードゲームって子どもがやるものでしょ?」「北海道滝川市でボードゲームをする人はいないよ?」は何度も言われてきました。「地元地域で占ってほしい人は誰もいないよ」「お前の店なんて3日で潰れる」とも言われたこともありました。開店前「蓋を開けてみないと分からない」時期でしたので、「本当にそうなのかも・・・」と不安になったことも何度もありました。

しかし、現にこうして1カ月営業し続けることが出来ました。占いの予約も少しずつ入るようになってきました。ボードゲームもオープンから今日まで来客数0人は一度もありませんでした。本当にありがとうございます。何より嬉しいのは、これまで2度の「満員御礼」になったことです。「北海道滝川市でボードゲームをする人はいないよ?」と言われた場所で「満員御礼」の看板が出せたことは、涙が出そうになるほど嬉しかったです。

既に2カ月目に入りましたが、これから三河遊がさらに発展していくことを願うばかりです。これからも三河遊をよろしくお願いいたします!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中