三河遊オープンまであと2日

いよいよ明後日の7月16日に「ボードゲーム・占いのCafe&Bar 三河遊」が開店いたします。既にたくさんの方からお祝いの花をいただいています。誠にありがとうございます。

 

これだけたくさんの方の支えがあって三河遊がスタートすることをしみじみと感じています。自分一人の力ではここまで出来なかったです。改装から経営方針まで様々な方からアドバイスをいただけたおかげで、無事予定どおりスタートを切れそうです。

何度も投稿していますが、大事なことは開業することではなくお店を維持し続けることです。まずは三河遊が一周年を迎えられるように精一杯営業させていただきます。

私が前職である消防を退職したのが2019年3月31日でした。そこから3か月間の研修を経て開業する計画でいました。本年4月に入り「7月なんてまだ先の話だな~」と思ったりもしていましたが、こうして開店直前となるとあっという間の3カ月でした・・・

ただ、消防を退職してからの3か月間、何もしなかったとは思っていません。札幌で研修をしてお店自体も自分で出来る箇所は朝から深夜まで改装に明け暮れていました。業者にお願いすればその分、別なことも出来ましたが人生初の開業に多額の初期投資をしてはいけないと思っていました。金をかけるか手間をかけるかで私は手間をかける方を選びました。それでも銭湯を飲食店に変えるのにはトイレと水回りの改装費で通常の店舗改装よりかなりかかっています。汲み取り式だったトイレを水洗トイレにして、キッチンも一から作りましたので改装費は通常の空き店舗を改装するよりかかっています。それでも旧三河湯で三河遊をやろうと思ったのは先々代である私の祖父母の代から代々受け継がれた場所に思い入れがあったからだと思います。

数年前には「三河湯なんて消滅しろ」「早く更地にして」と思っていたことも正直ありました・・・楽しいこともありましたが、嫌な思い出も詰まっている三河湯でしたので、見るのも嫌だった時期がありました。それがこの2~3年で旧三河湯にもう一度明かりをと思い、実際に行動に移すとは考えもしませんでした。旧三河湯を取り壊さず残してくれていた両親には感謝しかありません。

もう銭湯としては使えなくなっても、ボードゲームと占いのカフェ&バーとして生まれ変わった三河湯(三河遊)を今は亡き先々代である祖父母も喜んでくれていることを願うばかりです。

先代・先々代の名に恥じぬようにといったら堅苦しいかもしれませんが、「三河湯(三河遊」3代目店主となったからには60年以上の歴史がある「みかわゆ」の屋号を一年でも長く続けられるようにと思っています。

そのためには、三河遊が北海道滝川市をはじめとした地域の方々にとって必要とされる店舗でなくては消滅してしまいます。・・

「思い出と希望を提供する場所」として、ご来店されたお客様にとって楽しい思い出と未来への希望を提供する、地元地域に必要なお店を目指していきます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中