環境が変わるということ

久しぶりの投稿となります。

約20日間ブランクがありましたが、この間準備に追われていた…というのは言い訳ですね…

後1ヶ月半で現職を退職し環境が大きく変化します。私自身もそうですが私の親族も環境が大きく変わり一族揃って変化の年となりそうです。

環境が変わるということは怖いことでしょうか?それとも楽しみなことでしょうか?

安定していたい気持ちが強い方は環境が変わるということは怖いことだと思います。「またゼロから新しいことを始めるなんて…」と思われる方もいらっしゃることでしょう。

逆にアクティブな方は環境が変わるということは楽しみなことだと思います。

まだ見たことのない世界や新しい人との出会いがある…そのことにワクワクする方もいらっしゃることでしょう。

どちらが良い悪いはないです。むしろ両方のタイプの方がいることで社会は成り立っていると考えています。

誰もが今の環境から変わらずにいると転職や転機という言葉は死語になってしまいますし、発展もなく衰退していくことでしょう。

また、誰もが新たなことに挑戦し続けていたらベテランという言葉が消えてしまいます。長年の経験者がいなくなることは会社の存続危機です(そんなこともないのでしょうか?)。

私ももともとは現職に定年まで勤めるつもりでいました。正直途中で退職する考えは数年前までこれっぽっちもありませんでした。定年まで勤めて老後は年金生活を…等と考えていたので、まさか現職を退職して「ボードゲームと占いのお店」を開店するとは夢にも思いませんでした。

ガラスのハート?な私ですので(鋼のメンタルだと言われたことはありますが、自覚は全くないです…)かなり安定志向の強い人間だと思っていました。私が31歳のとき無理をして体を壊してしまったときも最初はなんとかしがみつけないか…と考えたりもしました。

しかし、段々と現実を受け入れられるようになってきたのだと思います。そのままの生活を続けられないことはなかったですがそれが私の望む人生なのか?将来その生き方で後悔しないか?そんな葛藤を休職後続けていました。

安定をとるか挑戦したいことを実行するか…どちらも間違いではないのでしょうが私は挑戦する人生を選択しました。そう思うと休職したことは不幸なことではなく良い転機だったのかもしれませんね。気持ちは誤魔化せても体は正直です。

「病気になるということはその人の限界」なのだそうです。「ボードゲームと占いのお店」が成功するかは未知数です(何をもって成功なのかは人それぞれですが…)。しかし、成功することは約束されていなくても成長することは約束されています。

30代にして挑戦出来ることがあることは幸せなのかもしれません。

ボードゲーム未開の地にどれだけボードゲームを遊んでもらえる方が増えるのか?占いによって希望をもってもらえるか?私自身の人生をかけた一勝負です。

本投稿を読んでくださった皆様、どうか私のんたの挑戦を暖かく見守ってください。これからもよろしくお願いいたします!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中