みんなが流れていく

何度が記事に投稿したことがありますが、何か行動を起こしても何もしなくても反対派は必ずいます。妬みややっかみもあるのでしょうが私も幾度となく経験してきました。

もちろん賛成派の方もいます。しかし、反対派の意見は中々辛いものです・・・

今年私は「ボードゲームと手相のお店」を開店する予定ですが、その際にある方の言葉が不安要素として耳から離れるまでにややしばらくかかった言葉がありました。

その言葉とは・・・

「もし地元である北海道滝川市でボードゲームを好きになった人はみんな札幌市や旭川市に流れていくよ」です。

どういうことかと言いますと・・・

①私のお店でボードゲームを知る

②面白いと思う

③札幌市や旭川市のボードゲームプレイングスペースやボードゲームカフェの方がボードゲームの数も多く質も高いので、都市部へ行ってボードゲームをやるようになる。

④私の店に誰も来なくなる

という図式です。私の地元である北海道滝川市は札幌市と旭川市のほぼ中間にある街です。言うなれば札幌市にも旭川市にも行きやすいということです。とはいえ、札幌市までは車で約2時間、旭川市までは約1時間かかります。

私はこの言葉が頭から離れず、やっぱり辞める・・・と言いかけました。

 

しかし、このことを地元の方に話してみると「そういう人、地元や地域の中で何人いるの?そこまでしてボードゲームにハマる人が何人いるの?」でした。

一見ボードゲームにハマる人はいないという感じにも捉えられますが、交通費や食事代、もしかしたら宿泊費をかけて札幌市や旭川市でボードゲームをプレイしに行く人が何人いるでしょうか?ちなみに私は実際に札幌市や旭川市でプレイした経験が何度もあります。

ですがそういった方はおそらくボードゲームに深くのめり込んだ方だと思います。前回の投稿の中で、あくまで遊んでいる人はボードゲームの知識やうんちくを聞きたいのではなく、ただボードゲームで遊びたい、ボードゲームで盛り上がりたい、楽しい時間を過ごしたいということを記事に書きました。

https://ryononta.com/2019/01/30/%e8%87%aa%e6%85%a2%e8%a9%b1%e3%81%aa%e3%82%93%e3%81%8b%e8%81%9e%e3%81%8d%e3%81%9f%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%84%ef%bc%81/#more-174

これは私の個人的な考えですが、ボードゲームの知識やうんちくを語りたい方は都市部でボードゲームをプレイされると思います。人口が多い分ボードゲームにのめり込んでいる方も多いです。お店に置いてあるボードゲームの数も多いことでしょう。

一方、ただボードゲームで遊びたい、ボードゲームで盛り上がりたい、楽しい時間を過ごしたい・・・そういう方が大半だと思います。まだ開店していませんが、もし開店が実現したらソフトドリンクの他にアルコールも提供する予定でいます。

おそらく、他のボードゲームプレイスペースやボードゲームカフェを経営されている方からすればこれらはタブーなのだと思います。お酒飲んでボードゲームをプレイする・・・この時点で「絶対に行かない」と言う方もいらっしゃるかもしれません。「ボードゲーマーとして恥ずかしくないのか?」とまで言われたこともあります。

ですが、お友達とバカ話をしてゲームをした思い出は消えることがありません。私は中学校時代はかなりの暗黒時代でしたが、そんな時代でも少ないながら親友や仲間がいました。そして、休日には私の家に集まってみんなでテレビゲームをして遊んでいました(当時はボードゲームの存在を知りませんでした・・・)。

また、高校卒業後、専門学校に進学しましたが同級生で集まってお酒を飲んだりしながらテレビゲームをして遊んだ(この頃もまだボードゲームの存在を知りませんでした・・・)これらの頃の記憶は今でも鮮明に覚えていますし楽しかった思い出です。

極端かもしれませんが、これらの思い出があったから暗黒時代を乗り越えられたと思っています。

 

私のお店でボードゲームにのめり込んで1~2時間かけて都市部まで行き、ボードゲームをプレイする方は一定数いらっしゃるでしょうが果たして全員そうなるでしょうか?そして「都市部でボードゲームをプレイするからのんたの店なんかもう行かねぇよ!」と言う方はどれだけいるでしょうか?

私が目指しているのは、中学校時代や専門学校時代の楽しかった日々をお客様に提供しようと考えています。

友人やカップル同士が私のお店に集まってお酒を飲みながらバカ話をしてボードゲームで遊んで占いをして・・・そのお客様にとっては一生思い出に残ることだと確信しています。これは他店にはないものだと思っています。

 

まだ開店もしていませんので現段階では空想の話ではありますが、開店が実現すれば「楽しい思い出と未来への希望を提供するお店」を目指していきます!

広告

みんなが流れていく” への1件のフィードバック

  1. はじめまして。
    ブログを読ませていただきました。札幌在住の学生です。
    アルコール、出して良いと思いますよ。ワイワイ楽しめるボードゲームのお店、素敵だと思います。ボードゲーマーとして恥ずかしくないのか、っていう発言は全く気にしなくて良いと思います。遊び方の多様性を認めていない言葉だなって思うので、どうかその言葉に囚われないでください。
    まだオープンしていないとのことで、無責任なことは言えませんが、「ボードゲームやったことないけど興味あるよ」っていうライトなボードゲーム層は絶対にいます。そして、そういう友達を連れて行くのに近くにボードゲームのお店があるのはすごくありがたいことだと思います。そして、来てくれたお客さんがまた来たいなって思えるお店であれば、大丈夫だと思いますよ。
    お客さんも、ボードゲームが出来ればどこでも良いって人ばかりじゃないです。「このお店の、この雰囲気のなかやるボドゲが好き」って思う人も必ずいます。そういう人達の居場所、ホームの様な場所になれれば、流れるってことも無いと思います。どういうコンセプトのお店になるのかはわからないので、ホームって言葉が当てはまるか分かりませんが…笑
    長々と失礼しました。どうしても言わずにはいられませんでした。陰ながら応援しております。頑張ってください!!!

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中