無能な人間に会ったことがない

「無能」能力がないことをいいますが、私も小学生からよく言われたものでした…

この世の中、どうしても努力だけでは克服できないものがあります。プロ野球に入られなかった野球選手は努力をしなかったからでしょうか?プロになれていないミュージシャンはみんな努力不足なのでしょうか?

たまにいませんか?本当に大して勉強していないのにテストの成績がいい人、軽々と何でもこなしてしまうスポーツマン、 ちょっと練習したら演奏できてしまう凄腕ミュージシャン等。

嫉妬されてしまうくらい簡単に出来てしまう人っていますよね。

よく聞くことですが、人間は何かしらの才能をもって生まれてくるのだと思います。それは一人一人違います。

でも、私の場合は手相・人相を観るのでたまに「私には何の才能もない」と言う方もいます。そういう方にはまず何の才能があるのかを観るようにします。そうすると、誰しも必ず適職や才能をもっている可能性があることが分かります。今までもっていなかった方にお会いしたことがありません。

ただ、自分には才能がないという方はその才能に出会ってないのだと感じています。出会う場に行ってないのだなと思っています。

自分の才能に気づくには、色々な体験をすることなのだと考えています。仕事は世の中に2万種類以上あるそうです。それに趣味等を合わせると、何にも向いてないということはよほど奇跡的なことだと思います。体験して成功も失敗も経験して、その中で自分の長所を活かせるものを見つければいいのではないでしょうか?

また、人に聞いてみるというのもいいかもしれません。意外な自分の長所と短所が分かるかもしれませんよ。

ちなみに、私はボードゲームの他にも音楽等文化的なことは得意ですがスポーツ、特に球技が全くダメです…

こんな偉そうなことをブログに書いている私でさえこんな感じです。

この記事を読んでいる皆さま、特に今の環境が向いていないと悩んでいる方は必ずあなたにピッタリの環境があります。それはもしかしたら努力だけではどうしようも出来ないのかもしれません。

失敗したり笑われたりするのはイヤですが、そこを乗り越え自分の長所を活かした環境が見つかれば、人生180度変わる可能性だってあるんですよ。落ち込んでいないで、いっぱい体験してみましょう!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中