真面目にやっていれば社会が認めてくれる?

 今回は「私のようにならないでほしい」という特に社会人1年目の方、これから就職活動をする方に伝えたいことがあってこのような記事を書かせていただきました。

その前に・・・社会人2年目以降の皆様、会社の中にいわゆる「使えないやつ」っていませんか?おそらくどんな組織にもそんなやつっているんですよね・・・

 しかも、その使えないやつって真面目な人が多いんですよね・・・って思っている方いらっしゃいませんか?きっと一人二人ではないはずです。

私が20歳くらいの時、とにかく真面目だけが取り柄?の身だしなみにさえ気を使わないダサい男日本代表みたいな人でした。今となれば恥ずかしい過去でしかありません・・・

当時の私にはある信念がありました。それは「一生懸命真面目にやっていれば、社会は認めてくれる。」でした。思い返せばそれは私の両親の強い教えだったと記憶しています。

そして、とにかく視野の狭い男でした。真面目を通り越してもはや異常者でした。酒・タバコ・女は人生を没落させるという考えで生きていました。10~20代の男性といえば悪い遊びを覚えたり、「彼女がほしい!」となったり、調子に乗りすぎて痛い目を見たり・・・それが健全かは分かりませんが、長い目で見れば良い経験だと思います。

しかし、酒・タバコ・女は人生を没落させるという若き日ののんたは酒を飲まず(社会人になってからお酒を初めて飲みました)、タバコも吸わず(20代後半になって初めて吸いました)、女も作らず(心の中では欲しかったんですよ)とにかく学生のうちは勉強に、社会人になったら仕事だけに集中していれば社会に認められるんだというクソ視野の狭い信念のもと生きてきました。「合コンするやつは人間のゴミ!」という考えでもあったので、恋愛するやつは人として没落しているとまで思っていました。それが後に恐怖におびえる結果を招くことになるとは当時思いもしませんでした・・・

そして、いざ社会人になりました。

しかし、全く評価されません・・・むしろ悪評だけが独り歩きして私のイメージがどんどん悪くなっていきました。「おかしい、こんなはずではなかった。きっと努力が足りないんだ。もっともっと仕事をしなくては。」というまたまた視野の狭い考え方で自分の心身を顧みず仕事を続けました。「職場は戦場なんだから会社のやつらは敵!誰とも仲良くしない。」と一人孤高に(孤高というよりは孤独なのでしょうけどね・・・)寝る間も惜しんで仕事をし続けていましたが、それでも評価は上がりません。

むしろ「彼女が欲しい」と言う後輩の方が周りの評価が高かったり・・・ものすごくその後輩を恨んだりしていました。「こっちは死ぬ気で仕事をしているのになんで彼女を作ったり友達と遊んでいるあいつの方が信頼されているんだ!」とイライラする毎日を過ごしてきました。

こうやって振り返ってみると「それは上手くいかないよな。」と思います。今の私が当時の私を見たら「こいつは信用できないな」と思っちゃいます。でも当時の私は信頼されない理由が分からなかった。というか理解しようとしなかったのがあります。それはタイトルにもある「真面目にやっていれば社会が認めてくれる」という信念があったからです。その信念がどうしても崩れなかったというのがありました。

ひょんなことから前述の考えが180度変わってしまったのですが、それまでの視野の狭さには今となっては黒歴史です・・・

ただ、ここまでとはいかなくても、これに近い考え方をしている人は意外と多いなとボードゲームを色々な方と遊んでいると感じることがあります。特に若い方にこの傾向が強い人が多いなと感じることが良くあります。

今、私は新入社員が入社した時に教えていることは基本3つしかありません。

「①社員と仲良くすること」仲良くすることで色々な情報を教えてくれるので、結果仕事を覚えるのが早くなりコミュニケーションも生まれて信頼関係ができる。

「②気配りが出来るようになる」かゆいところに手が届く人になれとよく言っています。①と同じでそれが信頼に繋がるからです。私もまだまだですけどね。

「③恋愛をする」強制ではありませんが、恋愛がコミュニケーション能力の最たるものだと思います。「モテる人は仕事もできる」と考えています。仕事が出来る人になりたいのなら彼女を作れと伝えています。女性って結構いい男を見抜く力を持っているますよ。いい男にはいい女が寄ってきます。

 

私より下の世代が私と同じような道を歩まないように、同じ失敗を繰り返さないようにというせめてものアドバイスです。

どうかこの記事を読んでいる皆さん、人生は楽しんだもの勝ちです。私も後悔することが山ほどありますが、これから明るい人生を目指して生きています。

皆さんにとって楽しい人生が訪れることを心から願っています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中