「のんた」の特技は詐欺師同然?

私のSNSはボードゲームに関する情報を発信しています。ボードゲームに関する知識やニュースや私のボードゲームエピソードを紹介しています。

ですが、私はボードゲームを知るずっと前から続けている特技があります。

それは・・・

「手相・人相鑑定」です!

ひょんなことから興味を持ち、独学で学んだりもしました。今は職業ではないので特技です。ボードゲームイベントの後、時々鑑定しています。手相・人相はインターネットですぐ調べられますが、それでも鑑定してほしいと言う方は男女問わずいらっしゃいます。

手相・人相は統計学です。統計・・・この世で一番あてにならないものと言われたりもします。100%当たるなんてことはありえません。失礼ですが「たかが手相・人相」です。

そのため、鑑定する方に対して「あくまで統計です。ふ~んそうなんだという軽い気持ちで聞いて下さいね。」と言っています。

占いは参考程度にするのが良いです。未来のことは神様しか分かりません。

ちなみに、私は霊能力者ではありませんのでオーラも霊も一切見れません。神様からのお告げも聞けません。手の線や形、顔立ち等でその人の傾向をある程度見れるだけです。

 

さて、手相・人相と聞いて全員が好感をもっていただけるとは思っていません。むしろ「占い師は詐欺師だ!」と不快に思われる方も多いです。私もそれは理解できます。占いによって実際に詐欺をする占い師もいれば、ひどい鑑定をする占い師に会ったこともあります。

悩んで来ている人に対し罵倒して怒鳴り散らして鑑定している占い師に会ったことがあります。また、鑑定料にウン万円もとる方もいます。

「依頼者を笑顔にする」「仮に商売になったとしても大金はとらない(「大金」は人によってまちまちかもしれませんが・・・)」を私は心がけています。

依頼者を落ち込ませる、ましてや泣かせるような鑑定は占いではありません。また、鑑定料が何万円もするというのもありえません。あくまで占いは統計学、当たるも八卦当たらぬも八卦なのですから・・・

 

さてさて、何人も手相・人相を鑑定していると人の悩みは2種類のどちらかなんだなと気付かされます。それは「お金」か「人間関係」です。両方で悩んでいる人もいます。これは私が読んだ本にも書いてあったのですが、まさにそのとおりだなと思いました。特殊な悩みにはまだ出会ったことがありません。

時々「俺は悩みなんてねぇよ!」と男性の方でこう言ってくる方が時々いますが、そういった方は無視です。そもそも悩んでない方は占いをしてもらおうとは思いません。

そして、日ごろの言動が手相・人相に現れることも分かりました。それは皆さんも何となく雰囲気で分かるのではないでしょうか?その何となくを明確にしたものが人相学であり手相なのだと思います。お金持ちな人、貧乏な人、輝いている人、くすんでいる人・・・私も勉強不足のため全てを鑑定できるわけではありませんが、その特徴は分かるようになってきたと自負しています。「手相・人相もバカにできないな」と思ったりしています。

だからこそ、私は輝いている人を目指しています。ありきたりかもしれませんけどね。

今はくすんだのんたかもしれませんが、少しずつ目指すべき人に近づけるように努めています。

ちなみに自分の手相を自分で鑑定してみると、これから環境がガラリと変わり充実した生活が訪れるようです。もしこうやって言ってくれる人がいると未来に希望がもてませんか?占いってそういうためのものだと思います。

この記事を読んでくださっている皆さんに少しでも幸せが訪れることを願っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中